もしお金が無背景として輩は幸せに至るだろうか?なんて感じることがあります。だって、者は良くも悪くもへそくりに囚われて生きているように思うから。へそくりはなんで必要なのか?人によって対策は千差万別だろうけど、簡単に言うと「欲しい品物、必要なものを貰うために」へそくりは必要なんだよね?貰うために大事。そうして貰うために仕事して働いてライフスタイルを全うに通じるために必要なんだよね。
 欲しいものを貰うために有償です。今の現代社会では。それでも逆に思うのです。
「お金が無くなったらこの世界はどう陥るだろう?」と。もしかしたらないほうが人は幸せなのかもしれない。
 へそくりに関する障害はいやおうなしに存在していて、身近にもテレビジョンの中でもよく見かける。そもそもお金がこの世に存在しなければことのほとんどが起きなかったのではないかってほどたくさんあります。
でもお金が存在している。それは「まだまだ大多数の人達(世界中の人達)がお金がないと生きていけない」と思っているからへそくりはまだまだ存在しているのだろうなと我々は思うのです。
 仮にお金がない背景を想像してみたらどうでしょう。人々はへそくりで商売をしなくなったら何を基準に取引をするのだろうか?きっと物々交換とかになるのかな?物々交換だといちいち物を持ち歩くのが大変ですよね。大根1正式とジャガイモ10個を商売、みたいになったらそれはそれで困るのです。精神的に穏やかになる者は目立ちみたいけど、その代わり郵便が目立ちみたい。
 やっぱりへそくりはしばらく存在していたほうがいいのかもしれない。即日融資OKなカードローンとキャッシング【今すぐお金を借りられる】